只今製作中ー第8弾
暇に任せて作ります。
ご期待ください

1/72 重巡洋艦 古鷹 改装後
睦月型駆逐艦 長月を一応完成させた後、何を作るか考えていました。

先ずは、一等二等輸送艦を、完成させてから輸送機の順番が一番ですが
どうしても新しいものを作りたい気持ちが抑えられず、しかもどうせだったら
大きいものと、巡洋艦を選びました。

何故古鷹かと言えば、あの細い後部煙突を作りたいの一言かもしれません。
それと、長月の時は、外板を船の科学館の宗谷を参考に作ったのですが、資料に基づいた 作り方をしたいと思っていた事もあります。

しかし、全長257cmをどうするのか。
又、改装後のバルジの形状も判りません。
今のところ大きさについては、船体を三分割して、別々に作って展示する時組み合わせる。 を基本に考えています。
バルジは推定で作ります。

資料
日本海軍艦艇図面集 古鷹型線図
平賀アーカイブスよりダウンロードした資料
加古、古鷹、衣笠、青葉一般艤装図
           一般配置図
妙高、那智舷側こう鋲配置図
     中央部外板こう鋲配置図
最上、三隈外板配置図
学研 古鷹、青葉型

1/72 重巡洋艦 古鷹
艦歴
発注 1922年6月
起工 1922年12月5日
進水 1925年2月25日
就役 1926年3月31日 その後 1942年10月12日米艦隊の砲撃により沈没
除籍 1942年11月10日
要目(新造時 → 改装後)
排水量 基準:7,950トン → 8,700トン
公試:9,544トン → 10,630トン
全長 185.166m
全幅 16.55m → 16.926m
吃水 5.56m → 5.61m
主缶 艦本式缶重油専焼10基、同混焼2基 → 艦本式重油専焼缶10基
主機 三菱パーソンズ式オールギアードタービン4基4軸
102,000馬力 → 103,340馬力(公試成績)
速力 34.6ノット(公試成績) → 32.95ノット(公試成績)
航続距離 14ノットで7,000海里
燃料 重油:1,400トン、石炭:400トン → 重油:1,858トン
乗員 627名 → 639名
兵装
(竣工時) 50口径20cm単装砲6門
40口径8cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基12門
八年式魚雷24本
兵装 (改装後) 50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基8門
九三式魚雷16本
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
航空機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)
製作記

17.1.31ここまでの製作過程
キールと肋材切り出し
20分割線で肋材切り出し仮組み。
製作記

製作記

製作記

でかい。テラスいっぱい。

17.1.8ここまでの製作過程
年が明けて、2等輸送艦に一寸飽きたのと、古鷹の大きさを確かめたくなったので
配置図を元に、キールと肋材切り出してみた。
製作記
キールは5mm、肋材は2mmのスチレンボード(この肋材は1mm)

製作記
船体は、3分割にして、展示するとき組み立てる。

全長2572cmでかいです。

16.8.29ここまでの製作過程(6/27〜8/29)
先ずは、日本海軍艦艇図面集 古鷹型線図を元に、方眼紙に記入する。

一般配置図は、平賀アーカイブスよりダウンロードした加古、古鷹、衣笠、青葉一般配置図及び学研 古鷹、青葉型の付録の図を1/72に拡大コピーした。

この時点では、キール番号が読み取れず難航したが 清水会長に頂いた資料で判明、大きく前進する。

外板こう鋲配置図
資料を基に、一般配置図、次にこう鋲配置図を描くのだが、
妙高、那智舷側こう鋲配置図を見たら、外板配置図を先に作りたくなる。

製作記
図面だけでもでかい。模造紙3枚

製作記

一応完成、次は一般配置図だがこのままでは、激作展の飛行機が間に合わなくなるので、 一旦終了する。
完成までどのくらい掛かるでしょうか。

今までの製作記
只今製作中ー第1弾 1/72日本海軍砲艦伏見製作記
只今製作中ー第2弾 1/72日本海軍駆潜艇28号型 32号艇
只今製作中ー第3弾 1/72日本海軍丁型海防艦
只今製作中ー第4弾 1/72睦月型駆逐艦 長月
只今製作中ー第5弾 1/48 国際キ76 3式指揮連絡機
只今製作中ー第6弾 1/72 第一号型輸送艦
只今製作中ー第7弾 1/72 二等輸送艦(第一〇一号型輸送艦)
只今製作中ー第8弾 1/48 中島AT輸送艦



[トップ] [稲風の四季] [箱入りニャンコとワイルドワンコ]